データを使った競馬予想について

多くの方は競馬の予想を行う際に、新聞などで見る簡単なデータを利用しているかと思います。確かに、それが一番簡単で無難なデータ競馬だと思いますが、実際競馬にはもっともっと奥の深いデータ予想というものがいくつも存在しています。

競馬の勝敗を決するデータとは

例えばですが、高精度の競馬予想会社などでは、かなり多くのデータと基に情報を作成しているようです。例を挙げると、

・能力別指数
・3ハロン指数
・血統配合指数
・全体タイム指数
・先行指数
・ダート適正指数
・芝適正指数
・オッズ指数
・加水率指数
・気象指数
・コースデータ
・馬場データ
・騎手データ

など、このような様々なデータを基に予想を組み上げ提供されています。
当然こうしたデータは素人や一般の人間には全てを算出する事はできませんし、まずデータを揃えるだけでも一苦労となります。
又、仮にそのデータがあったからと言って、それをどう使ったら良いのか、普通に考えてわかりませんよね。
つまりデータとはそれを扱う人によって有効なデータが変わってくるという事なのです。

一般でもわかる勝てるデータ

では一般の人でも勝つことができるデータとはどういったものなのでしょうか?
その多くはオッズに記されています。オッズというのは多くの人が投票した場合、当然倍率が下がります。それだけ多くの人から期待をされているという事になりますね。
つまり誰もが勝つ可能性が高いと思う馬である、単純にそういう事です。

ただ、それはあくまで多くの人の予想ですし、大きな配当を得たいと思った場合、オッズ通りに勝っていては高額配当を得る事はできません。

その際に細かなデータを分析し、多くの人の予想と違う予想を組み上げる事がまさにデータ予想競馬です。
例えば前回のレースや血統による馬場適正、騎手との相性など本当に様々なデータが必要になります。

基本的にそうしたデータは最初のうちは役に立たないようなものばかりですが、突き詰めていくと必ず自分にとって価値のあるものになりますので、まずはデータを集めてみるという部分がスタートになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする